fc2ブログ
背中で泣いてる男の美学を慎重かつ大胆に描いたブログ

いらっしゃいませ、そして永遠にさようなら。ペペロンチーノ内川です、こんばんは

男はロケット 女はプラネット

宇宙を旅するエイリアンって素敵やん


最近またまた地球外生命体の地球侵攻もの映画が目白押しでおまんがな。

これはもう近い将来のために、地球外生命体に対してある程度の免疫を
つけといてもらおうという涙ぐましい優しさなんでしょうね。

僕の股間は毎晩トランスフォームしているんだけども
さすがに車がトランスフォームしてロボットになったらチビっちゃう 。゜(゚´Д`゚)゜。ウンコ-

だから今日は未知の生物に対してのお勉強ということで
僕の初心者レベルの加工技術が火を噴きましたよっと…



アートyousukyホワイトタイガー


当初は龍とか、こんな感じ↑のヤツを作りたかったんだけども…


アートyousukyモンスター


大きく方向性を見間違え…


アートyousukyモンスター


二度と戻れぬところに逝ってしまいました…


アートyousuky馬鹿


【おまけ】

コアラでググって画像をずっと見てたんだけど、コアラって…可愛くないよね?

いやそりゃまぁ僕よりはかわいいんだろうけども、そこまで言うほどのものじゃない。

嘘だと思うなら何百枚ものコアラの画像を見てたらわかります。
現実にあんなのが庭の木にぶらさっがていたら、戸締りをして警察に通報ものでしょう。

にしても、イラストやグッズにするとかわいいんでしょうが
実際問題、人間襲ったりクマったことばかりして射殺されてますから。


アートyousukyドアラ


ドアラはいい! いいものはいい! 美味いもんは美味い!


アートyousukyドアラ


でも、コアラ怖い…。゚(゚´Д`゚)゚。


~ ヒャッハー! 汚物はクリックだ~!! ~
   

関連記事
スポンサーサイト



関連タグ  アート 画像 動物  コアラ ドアラ モンスター フォトショップ トランスフォーマー エイリアン
~森の少女はキングコングな森林浴~

森ガールって言葉、mixiから生まれたそうな。

現在の定義としてはやたら多面的になってるみたいだけど
本質は、友人に「森にいそうな格好だね」って言われればいいんだろう。

こないだ街ですれちがった女の人を見て、森ガールのことを思い出したのですよ。
確実に森にいる感じで、ちょっぴりワイルドな浪花の女ってところでしたよ…↓



ブルーザ・ブロディ


インテリジェンス・モンスターヽ(*´∀`)ノ

~ クリックしてくれたら、素敵やん感動するやん ~
   

~日曜日よりの使者は安らかに眠る~


僕を見て!僕を見て!僕の股間がこんなに大きくなったよ




助けて!僕の股間のモンスターが破裂しそうだ!







info-yousuky43.jpg



カテゴリー表記変更の歴史ファンタジー
●いんふぉめぇぇしょん●

●フリートークDEフリーダム●

-現在- フリートーク Episode

●他のフリートークも要チェックや●
~残酷なぺ天使の裏の顔をみよーぜ~
~一攫千金からの千客万来を夢見て~
~謹賀新年と呼ばれた男の1/3の純情~

~ クリックして  ポチッとして ~
      

野獣、死すべからず


こんなにコーヒーがうまかったなんて
知らなかった。
知らなかった?いや、忘れていた。
どっちでもいい。
とにかくコーヒーがうまい。
それだけだ


老人と若い男、そして少女が倒れている。

「どうした!何をやっているトドメをさせ」

老人はその台詞を言うことが
まるで彼の使命のように叫んだ。
呼吸は乱れ、怪我をしているようだ。

『……』
若い男もまた血を流し、銃を少女に向けている。
しかしその表情からはあせりと迷いが浮き出ている。

「何を迷っている」
『…その必要はあるのか?』
「殺さなければわしたちが、いや世界は滅ぶ!」
『まだ小さな少女じゃないか!』
「違う!そう見えているだけだ!それは悪魔だ!人じゃあない」

『……』

「できないのならわしがやる」

そう言って老人は懐から銃をとりだそうとしたその瞬間

『やめろ』


男の銃口は真っ直ぐに老人に向けられた。

「待て、冗談だろ… 何をやっているかよく考えろ、正気か?」

『何が正しく、何が間違ってるのかは、わからない
ただ、俺にこの子は殺せない。そして、殺させない』

「ここまで何の為に多くの血が流れたんじゃ!」

『この子が一番の被害者じゃないか!悪いのは俺たちだ』

「ならどうするつもりだ、今助けたからといって
それは感謝もしないぞ、何も感じないだろう
そして平気でお前を殺す!それでもいいのか?」


老人の迷うことなき信念を持った目からは
言っていることが真実であろうことが伝わってくる。

『……』

「さぁ、銃を降ろせ」


沈黙が流れた
一瞬だったか時が止まったような沈黙
そして
ゆっくりと男が銃を降ろし始めた時
老人は素早く懐に手をいれ銃を取った。

銃が唸った。激しく、そしてその後の静寂は悲しく。

二度の銃声の後、地に倒れ落ちたのは老人のほうだった。
男は老人に駆け寄り、震える手で体を起こした。
そして老人は人生最後になるであろう言葉を
わが身を抱く男に、わが身を撃った男に送った。

「もし…もしもだ…、
世界が滅んだとしたら…、それのせいじゃない…
お前だ…、お前が世界を滅ぼしたんだ……」


男は静かに眠るように、動かなくなった。



shortshort-yousuky3.jpg
この画像を出したかっただけなのさ。あははん。
銃痕が二つねぇじゃねーかって言う意見はNG

『YOUSUKYのショートショート vol.6』
『YOUSUKYのショートショート vol.5』
『YOUSUKYのショートショート vol.4』

  ~ クリックして  ポチッとして ~
   

21世紀中年☆ ぶろろ~具


ルールルルル。
シュールルルルル。
シュールでクールに
ROCK'ON ロールキャベツ…

西暦…、聞いたことがある。
遠い遠い昔の時代のことだって

村長が言ったんだ。
もうすぐ世界に終わりがくると…
でも、村長はボケてるので誰も気にしない。
ボケてるくせにハゲている。
しかも老兵死なず、夜も現役だ。
まさに武士と書いて「もののふ」と読む
男とはこうありたいものだ。

普段は村長の言葉など尊重しない僕達だが
いわゆる、ソンチョDEソンチョなのだが  
今回だけは誰もが信じざるをえなかった。 
また、村に血が…、流れたのだ…。

村長の歯茎からなんだけどもね。

そして僕は、一日を何事もなく過ごし
いつものように、いつもの時間に布団に入る。
世界が終わろうとも関係ない。
だって、僕にできることなんて何もないだろう

そう、思っていた。
その日、不思議な夢をみるまでは。

その日の夢はいつもと違っていた。
声が聞こえたんだ。
夢なのだろうが、夢ではなく
耳元で本当に誰かが囁やいてる
ような不思議な感覚だった。


yousuke28.jpg
 


その声の主が言うには
宿がないから今日は泊めて欲しい だの
でも、寝れないからゲームしたいんだけど何か無い? 
などなど、まだまだ続くのだが、一番重要なことは
どうやら僕が、世界を救う旅に出なければいけないという
滑稽で、幼稚で信じがたい話だった。
もちろん、僕は朝一で旅にでたんだ。
街がまだ目覚めていない、朝もやの中、
村長の家から、気持ちばかりの全財産をいただいて。


村を出た途端、モンスターが現れた。
そういえば聞いたことがある
こうやって、敵を倒し経験を積むことにより
ふらふら遊んでいながらも一発逆転、
賢者になって地位と名誉を手に入れることができる
おいしいシステムを。
早速、しばきあげた。
これでもかってぐらい、たたきのめしておいた。
二度と近づくことさえできぬように。

すると、不思議なことに
仲間になりたそうにこちらを見ている…



yousuke29.jpg




瞳がとてつもなく怪しく輝いていたので
丁重にお断りをさせていただいたが

「しかし、仲間になりたそうにこちらをみている」

『逃げる』

「回り込まれた」

『逃げる』

「絡みつかれた」

・・・・・

そして、2h後

熱い友情で結ばれた仲間を得て

次の街へ向かうことにした。



~次回予告~

yousuke30.jpg      yousuke31.jpg


♪手作り遷都くんデコメ♪ yousuke32.gif


今回の“逢いコン”ちゃん達


ゆうれい 赤 青 黄 桃 緑