fc2ブログ
背中で泣いてる男の美学を慎重かつ大胆に描いたブログ

2010/10/28/THU 雨、逃げ出した後

去るものは追わず、来るものを拒み続ける伊達男YOUSUKYです、こんばんは

午前の部でインスタントラーメン記念館を訪れたYOUSUKYの一味は
日本列島を東へ進み目指すは大阪の陸の孤島、三島郡島本町山崎にある

『サントリー山崎蒸溜所』でございます。

わが国初の蒸溜所が開設されたのは、今から80余年前の1923年…
うんたらかんたら、と山崎蒸溜所のHPにちんたらと書かれていますので
自分はシャレおつだと思われる方はぜひそちらへどうぞ。

大学のゼミで一度訪れた気がしていたのですが
その時はビールを飲んだような、時が経ってウィスキーの工場になったのか…

不思議な気持ちで、狐に乳首をつままれた感じだったのですが
なんのことはなくどうやら隣の駅辺りにビールの工場があるらしく
ヨウスキーはウィスキー工場は初めての訪問でございました。

ここはどこぞの某記念館の手作りインスタントラーメンコーナーとは違い
事前予約をしていなかったものの、当日お邪魔して工場見学に参加させて頂きました。
さすがは天下のサントリー。よっ日本一。ウィスキーはサントリーの山崎!!
サントリーの敏腕カリスマ営業様、お歳暮のお問い合わせは
右下のメールフォームより心よりお待ちしております。

受付のおねーさまも、某記念館の素人熟女的な家庭風味とは違い
ぱいおつ、かいでーの、ちゃんネーが快く迎え入れてくださいましたよ。

サントリー山崎蒸溜所
手前に佇む歴史感漂わせる建物は… ただのトイレですよ

全体的な雰囲気だけで酔わせてしまうほど床上手な感じの館内は
ゲレンデどころか、脳みそまで溶かしてしまいそうなウィスキー愛に溢れていました。

diary-yousuky139.jpg    diary-yousuky140.jpg

当日に予約もなしにやってきた風来坊達を迎え入れるぐらいだから
さぞ閑古鳥も夜泣きで苦しんでるかと思いきや、

ドリフの笑いの音源かと思われる熟女の団体やら
冥土の土産の老人ホームの団体やら、セレブなジャガー横田風の女とホストやら
多種多様の人間模様が織り成すハーモニーで館内は大賑わいでした。

工場内の見学ツアーは、たいした見せ場もなく、濡れ場もなく
ガイドのおねーさんの小粋なジョークも、一発芸もなく寂しい感じでしたけども

すんごいの。アルコールのかほり。ウィスキーのかほり。大人のかほり。
女優の小雪さんって綺麗ってより、怖いよね?と、思わずつぶやきたくなるぐらいで
飲んでなくても酔いどれ天使になりそうなひと時でした。

diary-yousuky141.jpg    ウィスキー樽

で、クソゲーよりつまらないメス豚のガイドツアーが終わったら
待ちに待ったウィスキー蒸溜所見学のメインイベント

ウィスキー飲み放題の試飲祭りが、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

と思ったら、僕は車を運転する悲しき定めなので
お茶orオレンジジュースの飲み放題が キタ━ … _ト ̄|○

ま、まぁ、無料なんで、こんなもんです。お菓子もついてました。
優しさや思いやりが欠落したコンクリートジャングルの中で
無料で飲食させていただけるだけでも有難いことです。

そして、試飲の最中、自社の製品を紹介するおねーさんも
じょじょに調子が乗ってきたのか、気がつけばジョジョ立ち

diary-yousuky143.jpg

こういう場所にはつきものの、お馴染み
銅像になっちゃいましたシリーズがないなぁと思ってたら中庭にありましたよ。

鳥井信治郎

まだ雨が少しぱらついていたので、編み笠でも持っていれば
頭にそっと被せて、夜な夜なお礼のウィスキーがくるのを待つところでしたよ。

ま、銅像あったんですけど、心の中で誰だよ!って思ったのは内緒ね。
おそらくは創業者の鳥井信治郎キュンだろうとは思うけども、何故2体?
まさか座ってもよし、立ってもよし的? それとも幻? 所詮、恋は幻です。

そして帰りには、おいしいローリングお寿司を堪能して
釣りの予定を雨なもんで急遽変更したものの満足ができた一日であり、
最後の最後でせっかく集めたパンフレットを盗まれてブチ切れの一日でした。


日記 ~男の中の雨男の社会見学・前編~
日記 ~心の治療に友情という桃源郷⑥~
日記 ~心の治療に友情という桃源郷⑤~

~ クリックして  ポチッとして ~
      

関連記事
スポンサーサイト



関連タグ  山崎 蒸溜所 サントリー 大阪 社会見学 ウィスキー 鳥井信治郎 銅像 日記 ジョジョ

2010/10/28/THU 雨男

ゲレンデが溶けるほど恋したいYOUSUKYです、こんばんは

今回は毎年秋恒例となりました、大人の社会見学に行ってまいりました。
まず午前中に向かったのは大阪池田市にある、

『インスタントラーメン発明記念館』でございます。

1958年8月25日、安藤百福は大阪府池田市の自宅裏庭に建てた…
うんたらかんたら、と記念館のHPにちんたらと書かれていますので
自分はシャバ憎だと思われる方はぜひそちらへどうぞ。

まぁ要するに、インスタントラーメンの父である安藤百福さんこと
MOMOFUKYの記念館にYOUSUKYがお邪魔したお話ですね。
まずいきなり百福さんの銅像withカップヌードルがドドーンとお出迎えしてくれます。

安藤百福たん

その衝撃に耐えられた方達が奥へ進むと、ももたんの名言やら格言をパネルにしたり
こんなところで開発してたんですよ的な子供だましのセットがありました。

diary-yousuky128.jpg    インスタントラーメン記念館

さらに壁一面には日清の歴代カップ麺達の宝石箱やぁ~ヾ(*´∀`*)ノ

diary-yousuky130.jpg    diary-yousuky129.jpg

これだけ壁一面を埋め尽くされると、少年ジャンプ黄金期世代としては
ネプチューンマンのマスク剥ぎコレクションを思い出させてくれます。


ネプチューンマン

ネプチューンマンの正体はイギリスの超人・喧嘩マンということは置いといて、
読者が考えた2つの作品のアイデアを組み合わせてできたのがネプチューンマンということも置いといて、

ここの記念館では事前に予約していれば
チキンラーメンを手作りしちゃったりできるコーナーがあるらしいのですが
これっぽっちもチキンラーメンを手作りするということに魅力を感じない私は病気かしら?

その他にも、ここでは自分だけのオリジナルカップヌードルを制作できます。
その工程は、300円?(高っ(;゚Д゚)エエー)で空の容器を買って
ケースにお絵かきをして、スープを選び、具材を選ぶというものです。
300円?も出す割には、具材は3個までしか選ぶことができません。
消費者の事を第一に考えていた安藤百福さんの意思は見事に消えておりました。

後世に語り継ぎたいアーティスト変態という名の紳士部門にノミネートされたら嬉しい
YOUSUKYが筆を振るったカップヌードルの新デザインがこちら、

diary-yousuky136.jpg

2011年のカップヌードルの新デザインにと
日清さん側からぜひにと依頼があれば、考えなくもない。


diary-yousuky133.jpg    diary-yousuky132.jpg 
完成までの作業は、老若男女入り乱れーの、一生懸命お絵かきしーの、   

diary-yousuky134.jpg    diary-yousuky135.jpg
具材とスープを選びーの、フタの加工などをしーので、出来上がったのがこれだ!

diary-yousuky137.jpg

そして昼ごはんには、館内でカップヌードルおみそ味(MISO)を頂き
雨の日にはちょっとおしゃれにインスタントラーメン的なひとときでしたよ。

館内へは無料で侵入できるので、不法侵入などの罪も気にせずに
お子様連れの方も気兼ねなく青春を謳歌できる施設でした。


日記 ~心の治療に友情という桃源郷⑥~
日記 ~心の治療に友情という桃源郷⑤~
日記 ~心の治療に友情という桃源郷④~

~ クリックして  ポチッとして ~