fc2ブログ
背中で泣いてる男の美学を慎重かつ大胆に描いたブログ

7月9日 (水)


こんにちわ。皆さん。僕です。覚えてますか?

そうです、思い出してくれましたか?

世界を恐怖のどん底におとしいれようと考えたアイデアが

盗作だと訴えられたりなんかしちゃって

夢が裏切るだの時間が裏切るだのと戯言のように呟きながら

お薬で別の世界へ旅立とうとした僕ですよ。

思い出してごーらん、あんなことぉ

こんなことぉ、あ~たぁでしょぉ~って

わしゃ痴呆症か、と

公共の電波ではツッコめないであろう言葉でツッコむ僕。


異議アリ! 

yousuky91.jpg


日記のはずが、少しばかり脱脂綿、いやさ脱線したので

本題に戻ろうとします。

僕ね、川を散歩したの。夜に。川の流れのように。

どう?アホっぽい話し方でしょ。これまた素敵。マリオは無敵。

でね、にゃんこ先生達がいっぱいで

「にゃぁにゃぁ」の合唱コンクールをしとるわけだが

猫の手を貸してくれようともしないわけであるの。

だがあの日、昨日なんだけども

めっちゃかわゆい、子猫のクロネコにゃんが寄ってきて

「みゃあ~おぅ」って言うじゃありませんか!

これぞ元祖猫なで声!愛ら~びゅー

もう、触って揉んで悶絶絶倒の夢の時間。

生憎ながら(なまぞうと読んじゃ駄目よ)

拙者の手元には食料のかけらもなく

かといって、さぁ顔をお食べなどとホラー満載なわけもなく

仕方なく、できる限り肉球をプニプニしてあげた。

ごめんな、猫。

また、愛に行きます。


yousuky92.jpg
写真はイメージだと思います。

関連記事
スポンサーサイト



関連タグ   時間  マリオ 肉球  日記 散歩 痴呆症 先生