fc2ブログ
背中で泣いてる男の美学を慎重かつ大胆に描いたブログ

2010/10/17/SUN 曇り&晴れ

笑いの為なら女房を質に入れてもかまわない仏のYOUSUKYです、こんドーム。

-Previously on Yousuky's diary (前回までのヨウスキー夢気分)-

静岡の旅もいよいよ佳境に入ったYOUSUKY御一行。ニワトリの鳴き声で目を覚まし
早朝から座禅をしに行く勇気と努力をきっと仏様も評価をしてくれたことだろう。
たとえ座禅をしなかったとしても…。 一休みして体力も回復し、富士山静岡空港
無駄っぷりを目撃したYOUSUKYは、地方空港の在り方にリアルタイムで怒っている。


diary-yousuky111.jpg    diary-yousuky110.jpg

わざわざ蓬莱橋と書いていただかなくともご存知ですよーっと。
どんだけ主張がしたいのか、さすがは俺が俺が的な世界一でございます。
橋のところにこんな字体で書かれては、あしたのジョーの泪橋を彷彿とさせます。
時代劇のロケにもよく使われているらしく、水戸黄門様も通ったらしいのですが
そんな時代にこの橋はないよと、するどいメスをいれるkojiをリスペクト。

通行料100円なんですってよ奥さん、さらには定期券もあるそうです。
別に素知らぬ顔で渡ってみても捕まらなさそうな雰囲気はありました。

diary-yousuky113.jpg    diary-yousuky112.jpg

橋の終わりが見えないあたりは、さすが約850mといったところでしょうか。
往復だけで庶民の足ならばおよそ40分ぐらいかかるそうです。
しかし、そこは体力自慢で知られたYOUSUKY。 ヒーコラヒーコラバヒンバヒン…。
気がつけば、やっと半分かという長距離レース

diary-yousuky114.jpg

ど、ど、ど、ど真ん中!ヽ( ゚д゚)ノ ワッ!!

頭の中にはプロレスのど真ん中に立っていたらしい長州力パワーホール
いつまでも頭の中で鳴り響いておりました。
高校の頃見に行ったプロレスで、一番声援が大きかったのは革命戦士長州力。
先輩と長州力の話題だけで、朝まで酒を飲んでいたときもありました。
場所は違えど僕も今、ど真ん中に立てて少しばかり革命戦士になれた気がしました。

そんな思いに浸っていると、若い男女がそっとカメラを渡してきたので
鬼才YOUSUKYは記念写真を撮ってあげるという、仏様のような善行。
と戯言を言っているうちに橋を怪我一つなく無事に渡りきりました。

対岸には神社といいますか、祠といいますか、賽銭を要求する箱のある神棚があり
商売繁盛のえべッさんの石像も置かれてありました。

さらに奥の細道を進んでいくと 『長寿の鐘』 と 『愛和の鐘』 があり
そこに山があるから山を登り、鐘があるなら鐘を鳴らす僕らは
力いっぱい鐘を鳴らし、長寿の力と、愛和の力を手に入れましたが
感違いした神様が、僕とkojiに愛をもたらしたらどうしようかという不安もありました。

少しばかり大きめな鐘を見ると条件反射的に、和田アキコ
♪あの鐘を鳴らすのは…って頭に浮かびますよね?僕だけでしょうか。

で、帰りは来た道をとぼとぼ帰るのですが、さっきより日もまた落ちて
また違う景色を楽しみつつ、遠くには霞みかかった日本一の富士山も見れました。
天気のいい日だったならば、富士山の先っぽも綺麗に見えたことでしょう。

diary-yousuky115.jpg    diary-yousuky116.jpg

ちなみに富士山方向の写真ではございませんよ。
一段と愛の深まった僕らは、帰りがてら温泉に寄りました。
さがら子生れ温泉」というなんとも生々しいお名前の温泉でありまして、謳い文句が

いちどはいれば ひとり生まれて
にどめはいれば ふたり生まれて
さんどはいれば 皆んなで生まれて…

とあったのですが、
まさにその通り、湯船には男達が生まれたままの姿でひしめきあっており入る隙間が
ありませんでした。小さいきのこや、おっきなきのこ、色とりどりのきのこ
ところせましと生え揃っていましたが、ナンバーワンのきのこはすごい一品でしたよ。

いつも思うのだが日本人の六割が包茎らしいのに、温泉では皆さんご立派な名刀です。
さや付きの僕は片身が狭いのですが、逃げない、隠さない、勃たさないのがポリシー。
六割が包茎っていうのは、包茎の人が考えた情報操作なのでしょうか。

すっかり赤ちゃんの香りになった僕らは、御前埼灯台のお膝元にある料理屋で
海産物を堪能しました。ここでもkoji様にご馳走になりまして
僕が女に生まれていたなら、一度くらいは抱かれてもいいほど感謝しております。

すっかり満腹になった甘えん坊の僕らは、kojiの家に戻ってくつろぎながら
静岡のローカルCMをチェックしたりと、夢見る少年の瞳に戻っていました。

そして時刻も22:00になり、コーヒーをいただき、旅立ちの時になりました。
もっと早い時期に来ててもよかったと思いつつ、たった一泊二日でしたが
トロッと濃縮された二日間であり、充実した時間を過ごさせてもらいました。

そして再会を誓い、帰路につこうとしたときにやっと見つけましたよ
頻繁に震撼している全米も震撼した伝説の治療院の場所を!

篠ヶ谷長生指圧療院2    篠ヶ谷長生指圧療院1

ついに巡り合えた伝説の治療院。YOUSUKYの運命やいかに…
次こそラストでございます。ポロリがあるかもよ…、この後すぐ!

To Be Continued

- 提供 -
健康ランド YOUSUKY温泉
篠ヶ谷長生指圧療院

日記 ~心の治療に友情という桃源郷④~
日記 ~心の治療に友情という桃源郷③~
日記 ~心の治療に友情という桃源郷②~

~ クリックして  ポチッとして ~
      

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yousuky.blog39.fc2.com/tb.php/350-a61e2388
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック