fc2ブログ
背中で泣いてる男の美学を慎重かつ大胆に描いたブログ
~私の頭の中も知っているのか雷電~

武勇伝を語らせたら泣く子も悶えるパリジェンヌのYOUSUKYです、しるぶぷれ

今日は恒例となりました、冬の風物詩でもあるヒーローは眠らない伝説を
やしきたかじんやっぱ好きやねんの曲にのせてお送りしていきたいと思います。

今回紹介するヒーローは“知っているのか雷電”でお馴染みの
男塾三面拳のリーダー的存在、雷電(らいでん)さんでおま。

雷電さん

男塾名物となった、新しい敵や技が登場すると
あれが世に聞く○○、あれが伝説の○○、そういえば聞いたことがある、などと
解説を始めるウンチク集団。その中でも存在感をあらわしていたのが雷電さんです。

解説した数は雷電さんよりも、伊達さんというイケメンが多いのですが
インパクトでは雷電さんが他のどのキャラよりも容姿、台詞ともに圧倒的でした。
聞いてもないのに勝手に喋りだす、物知り博士パターンや
顔色を悪くして気をひく構ってちゃんパターンなど引き出しを多く持っていました。

知っているのか雷電

顔色が悪いぞ雷電

雷電さんは強いんですけども、よく死にます。
三面拳と呼ばれる、飛燕さん、月光さんと共に3回死んでます。でも、生き返ります。
額に大往生と書いてる割には、なかなか往生しない粋な人です。

僕が雷電さんを好きなのは、3回死んだにも関わらず甦ってくる怪しいとこではなくて
死に方がね、仲間をかばって死んだり、猿をかばって死んだりと
おせっかいで死んでます。まさに優しくなければ男じゃないを体現する男です。


freetalk-yousuky20.jpg
いかつい顔でも死んでます。額のぽっちりを押すチャンスです。

freetalk-yousuky21.jpg    freetalk-yousuky22.jpg
男塾死亡回数3回は最多タイの記録。溶岩に落ちて死にます、激流に落ちて死にます。

雷電さんは人気があったと思うのですが、
どこの国籍なのかわからない怪しさなのか、コミックスの背表紙に三面拳で唯一
使ってもらえなかったという悲劇の男なんです。
いつの日か雷電さんがくると信じて全34巻を買いましたが、努力は報われませんでした。

語尾に“ござる”をつけるオチャメなところもあるんですけど
仮に外国人ならば、どこで日本語を学べばござるが付くのか不思議でなりません。
わざとつけてるなら相当イタイ人なんだろうけど
額に“大往生”なんて書いてるあたり、どういう人か想像つきますね。
たとえ九九の唱和でも真剣に取り組んでますから。


九九の雷電

隣の席の中国人は、「なんで私が」ですって。中国人は文句ばかり。
雷電さんは文句一つ言いません。
そんな雷電さんも、笑います。怒ります。喜怒哀楽があります。


笑う雷電さん

笑う雷電
不気味です(;´゚д゚`)エエー 日本人ではないかもしれない疑惑の笑い方


怒る雷電さん

怒る雷電
怒るとハーしてきます(゚д゚屮)屮 怒らせないでください


泣く雷電さん


泣く雷電
無言です(`;ω;´)モワッ こっちが泣きたくなるぐらいすごい絵づらです


オチャメな雷電さん

雷電ギャグ
真顔です(・ェ・) 激しい戦いのあとにもユーモアを忘れない紳士

どうですかお客さん、ここまで我慢して読んでこられた方は
すっかり雷電さんのことが好きになっちゃっいましたよね?ですよね。
そんな雷電マニアのためにとっておきの情報があるんですけども
ここだけの話、略してココバナ、雷電さんのあのヒゲ…実は


雷電のヒゲ

動くんですぅヾ(*´∀`*)ノ

なんでも雷電さんの使う大往生流の拳法は
髪から足の爪まで鍛え上げて、己の意のままに動かすことができるんだそうです。
だったらを生やせよ!とツッコんだら、ハーされますから。

話ベタな僕なんで今日は雷電さんの魅力の1%も紹介できませんでしたが
雷電さんのことをもっともっと、と欲しがりなアナタは
ぜひ額に大往生と彫ってみてはいかがでしょうか?
ではヒーローは眠らないシリーズの最後は、雷電さんの決め台詞でお別れです。


雷電の決め台詞

私のブログの最後にサヨナラの言葉はいらん、ただそれだけのこと……

この記事に関する疑問や指摘のコメントはいらん、ただそれだけのこと……


~ベジータとドラえもんは仲良しさ~
~イジメあかんおかんに痴漢あかん~
~愛しさと切なさと極少量の面白さ~

~ クリックして  ポチッとして ~
      

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yousuky.blog39.fc2.com/tb.php/361-71b522e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック